報道記録

遙かなる道へ ~東京国際仏教塾第12期生の風景~

月間 寺と生活
1999年(平成11年)9月1日
P9~P39 より抜粋
東京国際仏教塾-東京都荒川区荒川に事務所を置く。
還暦僧得度運動を提唱する岐阜市の浄土真宗光明寺住職・大洞龍明師。
その大洞師の呼びかけにより1988(昭和63年)に発足した在家対象の修行の場である。
60才の還暦といえば人生の節目。その節目を機に仏道に基づいた「生」を歩む機縁を奨めたい。還暦僧得度運動は主眼をこの一点におく。
入塾者は年々増え、いま、第12期生80人が仏門という遙かな道をめざし修行を重ねている。還暦僧得度運動といえ20代、30代、40代の姿も多い。バブル崩壊以後のこの国の人々の「こころ」も垣間見せる。
なぜ、求道なのか-。インタビューと写真構成で、その「こころ」をおった。
遙かなる道へ ~東京国際仏教塾第12期生の風景~ 遙かなる道へ ~東京国際仏教塾第12期生の風景~

※詳細情報や本文を入手されたい方は、直接各出版社などにお問い合わせください。

  • 平成30年度(第31期)塾生
    「塾生募集のお知らせ」へ
  • 卒業後、それぞれのあゆみ
  • カリキュラムのご紹介
  • 機関誌「仏教文化」
  • 東京国際仏教塾20年の歩み
  • 塾生統計等
  • プレスリリース

東京国際仏教塾

新宿事務所 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-4-3
町屋事務所 〒116-0001
東京都荒川区町屋1-2-1-3F

TEL:03-3809-5930 FAX:03-3809-5935

ウェブからのお問い合わせ

このページの先頭へ