• HOME
  • 新着情報
  • 「仏教文化」150号に寄せて ~諸行無常のひびき~

その他

「仏教文化」150号に寄せて ~諸行無常のひびき~

日付:2011年5月12日 関連記事:「仏教文化」150号

諸行無常のひびき

 塾長 大洞龍明

 去る三月十一日に起こった東日本大震災の惨事は、涅槃経に出ずる雪山偈せっせんげの「諸行ショギョウは無常なり。是生滅コレショウメツの法なり...」の言葉が想起され、仏教的無常観をつぶさに感じとった人も少なくはないことと思います。

 また最先端の科学技術で太陽をも制御したと錯覚する人類のおごりをうち砕いたのは津波の後に起こった原子力発電所の大事故でありました。

 太平洋戦争の大空爆により、再起不能と思われた焦土の中から蘇った日本の姿を、投影する見方が多くの人々によって指摘されていますが、どうでありましょうか。また一九八〇年代のバブルがはじけて、銀行や上場企業が次々と倒産して行った姿との比較はどうでありましょうか。

 今回の大災害はまさしく大自然による脅威に、ある意味抗えない人間の弱さをまざまざと見せつけられる思いがすると同時に、科学技術の発展によって、人類の未来はバラ色であるとの錯覚がうち砕かれたようにも思えます。

 大災害で被災された方々のことを思うと、筆をとりながらも胸が痛んできます。

 「諸行は無常なり。是生滅の法なり...」

 現代人は大宇宙や自然の働きに対して、謙虚になるべきであります。釈尊やいにしえの聖人・賢人の言葉にも謙虚に耳を傾けるべきであります。仏教の無常感は今このときに人々の心にひびいてくることでありましょう。

  祇園精舎の鐘の声  諸行無常の響きあり 

  沙羅双樹の花の色  盛者必衰の理をあらわす......

カテゴリー:その他

  • 平成31年度(第32期)塾生
    「塾生募集のお知らせ」へ
  • 卒業後、それぞれのあゆみ
  • カリキュラムのご紹介
  • 機関誌「仏教文化」
  • 東京国際仏教塾20年の歩み
  • 塾生統計等
  • プレスリリース

東京国際仏教塾

新宿事務所 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-4-3
町屋事務所 〒116-0001
東京都荒川区町屋1-2-1-3F

TEL:03-3809-5930 FAX:03-3809-5935

ウェブからのお問い合わせ

このページの先頭へ