卒業生は今!!

卒業生は今!! 天台宗の尼僧として

日付:2015年9月10日

二十期 久保 明光

 皆様、日々有り難うございます。塾を卒業致しまして八年目となりました。月日の過ぎるのはまさに光陰矢の如しです。

 私は仏教塾とのご縁を頂き、そして天台宗本寺の和尚様の弟子にして頂きました。師僧の松浦先生等多くの方々のお陰様をもちまして、平成二十三年、天台宗飯縄山長光寺の住職を拝命し、尼僧の住職として活動させて頂いております。

 今、いちばんの活動としましては、師僧と共に、毎年実施される「仏教塾生の天台宗専門コース」の受け入れの担当をさせて頂き、天台宗の根本要義、天台密教等を共に学び、また一心に写経に取り組む姿勢などを指導させて頂いております。そして五ヶ月間の専門課程修了後、引き続き「千葉会」という研修会を実施しております。「ちばかい」ではありません。宗祖伝教大師様が大事にされました『梵綱経廬舎那仏説菩薩心地戒品』(鳩摩羅什三蔵法師訳)というお経の中から蓮華臺の上の菩薩を目指して修行精進しましょうという意味から「千葉会」「せんようえ」と名付け毎月一泊二日にて実施しております。その目的は〈仏教をいかに自分の人生に活用してゆくか〉です。今、十二~三人のメンバーと明るく、楽しく、元気よく、そして...と皆で修行精進に励んでおります。

 今年八月二十日に本山の比叡山において出家得度式が厳修されますが、それには二十四期生と二十六期生の二人が天台宗の僧侶として誕生いたします。

 新たに想い起しますと、私は仏教塾のご縁のお陰様で念願でありました出家得度を頂き、「仏様と共に」という生き方を得る事が出来ました。人生を本当に有意義に生きさせて頂いております。また、後に続くそのような願いのある人達とのご縁を続けていける事も、有り難いご縁と感じています。本当に仏教塾の存在があったればこそと深く感謝申し上げます。

 なお私は、京都の洛北、大原に住しておりますので、もし関西の地にお越しの節は気軽にご連絡頂きお立ち寄り頂ければ幸いです。

 ご縁がございましたら、法座、写経、止観等をご一緒に学びましょう。 合 掌

カテゴリー:

  • 平成29年度(第30期)塾生
    「塾生募集のお知らせ」へ
  • 卒業後、それぞれのあゆみ
  • カリキュラムのご紹介
  • 機関誌「仏教文化」
  • 東京国際仏教塾20年の歩み
  • 塾生統計等
  • プレスリリース

東京国際仏教塾

新宿事務所 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-4-3
町屋事務所 〒116-0001
東京都荒川区町屋1-2-1-3F

TEL:03-3809-5930 FAX:03-3809-5935

ウェブからのお問い合わせ

このページの先頭へ