• HOME
  • 新着情報
  • 第三十一期懇親会を盛大に そして同期会発足

その他

第三十一期懇親会を盛大に そして同期会発足

日付:2019年10月10日

小川 明

 平成最後の仏教塾開・閉講式が午後二時半に終了後、恒例の「ホテル機山館」で修了生有志十八名が結集しました。参加者は、修業生一名、浄土真宗二名、浄土宗三名、真言宗三名、曹洞宗七名、臨済宗一名、日蓮宗一名で、浄土宗と真言宗は専門課程履修者が全員来られました。

 開会に先立ち、沼田幹事から「三十一期同期会」を発足してはどうかという動議が出され、参加者全員の賛同を得て発会することとなりました。「三十一期同期会」は当面の代表を沼田氏、連絡を小川が担当することとなりました。

 引き続き、くじに当たった沼田代表の乾杯で懇談となりましたが、新潟から参加された最年長の佐藤氏が三十分ほどで退席されるということでしたので、参加者全員で集合写真を撮り、挨拶をしていただきました。集合写真では懇談の前で皆さん堅い表情でしたが、笹野氏の「指で三十一をアピールしましょう!」という発案で、和やかな雰囲気の中、笑顔一杯の写真が撮れました。

 料理や酒で歓談も進み、一人ずつ近況や進路などを披露しました。もう少し自分と向き合って進路を決める予定の方、引き続き専門課程で履修した宗派の講座に参加する予定の方、専門課程で懇意になった方の研究会に参加して仏道を勉強される予定の方、既に宗派の短期大学に進学し三年間修行される予定の方など今後の予定を披露されました。今後も仏教塾のご縁を大切にして一年に一回くらいは結集したいということで懇親会も大いに盛り上がりました。

 最後に、沖縄宮古島の祖母の元に戻られる新里氏が挨拶し、くじに当たった大内氏の中締めで懇親会はお開きになりました。

 名残惜しいのか、その後、有志で二・三次会に繰り出し、佛教談義でおおいに盛り上がったようでした。全員が、末永くこの素晴らしいご縁を大切にしたい、との思いを強くしつつ、帰途につきました。

合掌

199-37-2.jpg
満面の笑顔!第31期同期会堂々の発足!

カテゴリー:その他

  • 平成31年度(第32期)塾生
    「塾生募集のお知らせ」へ
  • 卒業後、それぞれのあゆみ
  • カリキュラムのご紹介
  • 機関誌「仏教文化」
  • 東京国際仏教塾20年の歩み
  • 塾生統計等
  • プレスリリース

東京国際仏教塾

新宿事務所 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-4-3
町屋事務所 〒116-0001
東京都荒川区町屋1-2-1-3F

TEL:03-3809-5930 FAX:03-3809-5935

ウェブからのお問い合わせ

このページの先頭へ