NEW!Happy Birthday to Buddha!

日本では、4月8日はブッダの誕生日です。灌仏会、仏生会、降誕会、龍華会、花会式、花まつり、さまざまな呼び方がありますが、どれもブッダの誕生を祝う日を示しています。花々と甘茶(もしくは甜茶など)を満たした誕生桶の中央に誕生仏をおき、その茶をかけてお祝いします。
誕生されてすぐに7歩、歩かれ、右手で空を、左手で大地を指し「天上天下唯我独尊」といわれたという有名な宣言がありますが、これは讚える意味合いの伝説から生まれ出たのではないか、とのこと。
伝説が生まれるほど、誕生時から期待の星、宝として迎えられました。
中村 元先生の著書『ブッダの生涯』(岩波書店刊)では「よろこび楽しんでいて清らかな衣をまとう三十人の神々の群れと帝釈天とが、恭しく衣をとって極めて讃嘆している」、「かれらは叫び、歌い、楽器を奏で、手を打ち、躍って」いるのを見たアシタという仙人が不思議に思い、神々に尋ねたところ「無比のみごとな宝である、かのボーディサッタ(菩薩=未来の仏)は、もろびとの利益安楽のために人間世界に生まれたもうたのです」と答えたと、もっとも古い経典『スッタニパータ』を引用し、紹介しています。激しさを覚えるほどの、神々の歓喜の様子ではありませんか。
近所にあるお寺でも、ブッダの誕生会が開かれていると思います。お祝いに出かけてはいかがでしょう。ちなみに、ここで甘茶が使用される理由は、誕生を祝い、空から「甘露の雨」が降り注いだ、という話に基づいています。

当塾のサイトで度々登場する「誕生仏」の写真は、仏師の三浦耀山仏師が〝愛されキャラ〟としてデフォルメ、手がけたものです。

#東京国際仏教塾 #仏教を学ぶ #仏教を知る